ラクトフェリンの安全性

MENU

ラクトフェリンの安全性。

食品の中では、乳、チーズにも含まれているだん泊質です。
牛乳に含まれる食品なので副作用はほとんどないと考えられていますし、
安全性試験(人、ラット)においても、重い副作用はおきていません。一般的に
安全と認められています。アメリカでは2001年の段階でGRASとして安全性が認められています。
ただ、牛乳アレルギーを持っている子供の血清に
ウシラクトフェリンに対する抗体が低濃度ではあるが認められます。
牛乳アレルギーがある人は注意が必要です。
ラクトフェリンは、生体内での鉄の輸送をする蛋白質という考えが浸透しているかもしれませんが、
鉄を捕捉するために周囲の環境から取り除いていくことで、多機能な効果を発揮する場合が多い
とされています。その為に細菌の繁殖に必要とされる鉄を取り除くことで、抗菌作用があり
微生物汚染を防ぐためのスプレー製剤としても認められています。

 

過剰摂取による副作用ですが、報告はないようです。
ただ、整腸作用によって腸内の動きが活発になってガスが出やすいなどの
作用があるみたいなので、メーカー指定の量を服用することをお勧めします。
副作用がなくて、身体の免疫機能を高めながら、
余分な脂肪を押さえることができるラクトフェリンです。
腸内で作用することが、重要です。
安心のライオンのラクトフェリンは他の製品に比べると、
多機能な効果が得られやすい製品だと思います。